[HOME]>快適塗料紹介
ドリームコート/湿式外断熱躯体保護防水剤(関西ペイント製品)
近年、住宅の断熱工法として、断熱材が構造壁の外側に適用される外断熱工法が注目されています。外断熱の主な長所は外的温度による構造躯体の劣化の緩和やカビやダニの発生原因ともなる壁内結露の抑制。また優れた保温性などがありますが、改修では一般的にコストや工期などが問題になっていました。
断熱性能を持ち躯体の保護機能に優れる防水型仕上げ塗材「ドリームコート」が開発されました。
容量:14リットル(つや消し)/調色範囲:淡彩色
■熱伝導率が断熱機能の決め手
●熱伝導率比較
単層弾性塗材の約5倍です。
[熱伝導率とは]
熱の伝わりやすさを数値化したものを熱伝導率といいます。
熱伝導率の数値が小さければ小さいほど熱を伝えにくく断熱性が高いことを示します。

■断熱機能を持った外装材を塗れば
こんなにメリットがあります
通常の外装材仕上げに比べ冷暖房費が約8%節約できます。
項目 東京の夏 北海道の冬
室内外の温度差 5℃ 30℃
冷暖房稼働日数×時間 90日×10時間/日 150日×16時間/日
熱伝導度比較 単層弾性塗材 6328W/uK 単層弾性塗材 6328W/uK
ドリームコート 5815W/uK ドリームコート 5815W/uK
消費エネルギー比較 単層弾性塗材 
1.54×10 10(J)
単層弾性塗材
2.46×10 11(J)
ドリームコート 
1.41×10 10(J)
ドリームコート
2.26×10 11(J)
電力・灯油使用量比較 単層弾性塗材 4272Kwh 単層弾性塗材 6228(L)
ドリームコート 3925Kwh ドリームコート 5721(L)
東京の夏で347Kwh(電力比) 北海道の冬で507L(灯油比)節約できます。
*モデルケース/単層弾性塗材(0.5o)・ドリームコート(1.1o)モルタルの厚み10o
*上記数字はモデルケースを想定し算出したデータです。
*他の断熱材等がある場合数値は変動します。
室内温度差を少なくし高齢者にも優しい住宅になります
●ドリームコートのシームレス外断熱効果により保温性も向上します。
冬、暖房を切った後と夏、冷房を切った後の室内温度変化をシュミレーションすると図のようになります。
ドリームコートにより未塗装の場合に比べて5時間後でも約1.5℃高く(低く)なることから保温効果も
優れていることとがわかります。
▼保温性(夏) ▼保温性(冬)
ドリームコート  無塗装
内断熱工法や充填断熱工法の性能を補強します。
●内側断熱の弱点である壁内結露の発生を低減させることにより、構造木材を水分から守り、壁内断熱材の含水によるズリ落ち等を防止します。
[結露について]
結露は空気中の水分(水蒸気)が凝集する現象です。空気中に許容できる水蒸気の濃度は温度によって決まり、温度を下げていくとある温度で結露を始めます。その温度を露点と言い、部屋の中で露点以下の冷たいコップを置くとその表面に細かい水滴が見られることで結露現象を確認することができます。
優れた躯体保護性で外壁の長寿命化がはかれます。
●温度変化による躯体劣化の軽減。
無塗装(または一般塗装)の場合、躯体が温度(熱)の影響を直接受けるため、膨張・収縮し劣化が起こりやすくなります。
ドリームコートを塗装することにより躯体自体の温度変化がかんわされます。
▲ドリームコート塗装 ▲無塗装
■断熱機能の他にこのような特徴があります
●弾性保持率
←従来単層弾性に比べ経時における
弾性効果持続性に優れています。
●透湿性
←断熱機能をサポートする塗膜の
透湿性も優れています。
●超軽量
従来品では考えられない超軽量塗料で作業性も良く建物への負荷も軽減できます。
▲私でも持てちゃいます(比重0.7)
■標準塗装仕様
●コンクリート、モルタル・スレート・その他(塗り替えの場合)
[ローラー仕上げ]
工程 塗料名と処置 塗付量
(s/u/回)
塗り重ね
時間
(20℃)
塗装方法 希釈率
(重量%)
素地調整 1.劣化塗膜をケレン工具(皮スキ・ケレン棒)で完全に除去・清掃する。
2.ホコリ、チョーキング、汚れ等を高圧水洗にて除去し乾燥した清浄な面とする。
下塗り アレスホルダーGU
上水
0.3〜0.5
8時間以上
7日以内
ウールローラー 7〜12
上塗り
1回目
ドリームコート
上水
0.60〜0.85 4時間以上
多孔質ローラー 0〜3
上塗り
2回目
ドリームコート
上水
0.60〜0.85 多孔質ローラー 0〜3
▼つや有り仕上げにする場合
上塗り
3回目
アクアシリコンACU
上水
0.13〜0.20 2時間以上
7日以内
ローラー 5〜10
上塗り
4回目
アクアシリコンACU
上水
0.13〜0.20 ローラー 5〜10

[吹き付け仕上げ]
工程 塗料名と処置 塗付量
(s/u/回)
塗り重ね
時間
(20℃)
塗装方法 希釈率
(重量%)
素地調整 1.劣化塗膜をケレン工具(皮スキ・ケレン棒)で完全に除去・清掃する。
2.ホコリ、チョーキング、汚れ等を高圧水洗にて除去し乾燥した清浄な面とする。
下塗り アレスゴムタイル
シーラー
0.15
2時間以上
ローラー 希釈なし
0.18
エアレス
上塗り
ベース吹き
ドリームコート
上水
0.65〜0.7 4時間以上
タイルガン
(口径6o)
2〜3
上塗り
パターン吹き
ドリームコート
上水
0.75〜0.8 タイルガン
(口径6o)
0〜1
▼つや有り仕上げにする場合
上塗り
3回目
アクアシリコンACU
上水
0.16 2時間以上
7日以内
エアレス 3〜10
上塗り
4回目
アクアシリコンACU
上水
0.16 エアレス 3〜10
*塗付量は、被塗物の形状や素材・塗装方法・環境などによって増減することがあります。
■設計価格
塗装システム名 商品名 工程 材工価格(円/u) 備考
外断熱仕上げ外壁材 ドリームコート 4,000 標準つや消し仕上げ
ドリームコート+
アクアシリコンACU
5,800 水性低汚染
つや有り仕上げ
*施工面積300u以上です。
カタログ
■お問い合わせ先
関西ペイント販売株式会社
本社
東京都大田区南六郷3丁目12番1号
TEL03-5711-8904
▲ ページの先頭へ
クニシマHOMEへ戻る
〒500-8281 岐阜市東鶉2−63
TEL058−278−1881・FAX058−278−1880
kaiteki@kunishima.com